本文へスキップ

日本の市民セクターの全体像と変遷のわかる書籍を作りたい。それが「新市民伝制作プロジェクト」です。

会社案内Second Year: 2014-2015


2年目の活動報告:

二年目の取材や執筆では、25名近くの協力者を得て現場からのメッセージがどんどん集まってきました。さらに新たな寄稿者や活動現場訪問が増え、最後は全65名の方々にご登場いただくことになりました。市民セクターの制度面についても、深い考察がされています。6月、多くの方々に読んでいただければと思います。



活動記録:

2014年

6月

H先生にインタビュー(MAさんと)
1990年:日本で最初のNPO特集:朝日ジャーナルと日本地域開発センター発行の雑誌「地域開発」
YSさんインタビュー(NPO第二世代の話をお聞きする)

615

新市民伝サンプル完成品 大阪に。

621

サンプルを協力してくださった皆様に送付。

628

Tさん、Nさん、Tファミリー打ち合わせ@二重橋。アンケート項目について。
アンケート項目最終決定:(東日本大震災での活動は、やっているところとやっていないところがあるので、項目から削除
パーソナルプロフィール:生年、活動開始年、職歴、目指す社会の姿、影響を受けたもの、応援している新市民
団体プロフィール:拠点、活動開始年、法人形態(設立年)、事業費(内訳)、HP、連絡先

629

朝日新聞知的財産室に記事テキスト利用許可取得。 条件:掲載する人に承諾を得ること、電子出版・紙の本としての出版など決まった時点で再度連絡。

7月初旬

取材協力記者、Tさん、Nさんのご協力により決まる。全22人。ありがとうございます!

7月初旬

協力記者にアンケートフォーマット送付。皆さんから暖かい返信いただく。

7−10

協力記者によるアンケート収集。あつまったものをNさんチェック、分量などを含め、確認。 活動をおやめになった方、亡くなった方など、どのような対応にするかをNさんと検討。
辻担当分についてアンケート依頼、回収。

1129

打ち合わせ@丸の内 Tさん、Nさん、TYさん、MAさん、Tファミリー
未取材分の分担決める。本の構成がほぼ決まる。
まえがき
第一章「新市民が社会を担う」編:総論
第二章「NPOの土台築いた第一世代」編:辻陽明編集委員のコラムを元に人物・団体を総攬
第三章「新たな潮流」編:として、第一世代が押す新世代の事例とともに、これからのあり様などを解説 TYさん担当!
あとがき

124

朝日新聞社知財センターへ行き、原稿の一部改編(内容更新)と写真利用許可得る(Tさん、Nさん、T)

12月―

TTさんから東日本大震災とNPOの原稿届く。

121

Nさん確認追加取材。全掲載新市民への確認。

2015年

121

学芸出版前田氏より出版不可の返事。遺稿集から抜け切れていないとの指摘。打開策を考えよう。

131

TYさんより第三部原稿送付。 打ち合わせ@丸の内。Tさん、Nさん、Tファミリー。構成の再構築。
@前書き…「新市民」の定義→リライトは高橋が担当
A第1章…「新市民が社会を担う:行政にはできないこんなこと」をことをテーマにしつつ新市民たちの「今」を描く。
 「せんだい・みやぎNPOセンター」の今、あるいは「Teach for Japan」などを加えてはどうか。
B第3章…「NPOの新しい潮流」編には、「資料編」としてあった各種データやコラムを取り込んはどうか。
C新たに第4章を設け、高成田さんの原稿のほか助成財団センター山岡さん、公益法人協会太田さん、シーズ松原さんらから、これからの「NPOの可能性」を聞き、提言集的にまとめる。辻本清美、内山節さんらも加えバラエティーを。
 →太田さん、松原さん、山岡さんはTYさんから連絡、辻本、内山両氏への打診はNさん担当。

212

太田さん、山岡さん、松原さんに原稿依頼(TYさんから打診済み)

34

原稿回収。
Nさん確認修正原稿をTYが原稿に反映。

317

講談社エディトリアル自費出版について訪ねる。3月末に原稿入稿、6月完成予定。

328

打ち合わせ@丸の内(Tさん、Nさん、KDさん、Tファミリー)

3月末

TYさん、せんだい・みやぎNPOセンター取材、原稿

330

講談社エディトリアルと出版契約結ぶ。今後の予定。
4月10日:全原稿頂戴
4月22〜28日:初校校正期間 →28日に出版社戻し
5月12〜18日:再校校正期間 →18日に出版社戻し
5月25日:校了 →25日までなら多少の間違いは直せる
6月10日:納本

4月上旬

Tさん、KDさん中心に、原稿チェック作業。文字統一、本文構成など。
ほぼ原稿出揃う。

47

KDさん、辻、講談社エディトリアル(吉村さん、品田さん)で打ち合わせ。
書籍について、入稿他スケジュールについて打ち合わせ。

410

原稿入稿。

414

講談社エディトリアルがページデザインのサンプルを提示。

4月15

デザイン決定。

4月中

新規記事(ヤフー、関口さん、SATOKOさん)

422

初校ゲラが出版社から出稿 (ゲラ&PDF

422日〜5月ゴールデンウイーク

著者へのゲラチェック依頼、回収。

5月5日

MSさんに表紙デザイン依頼、打ち合わせ(MSさん、MAさん他)

58

表紙デザイン案。

510

表紙決定。

511

初校ゲラ戻し。

515

再校ゲラ。出版社打ち合わせ。

519

打ち合わせ@丸の内。Tさん、Nさん、KDさん、Tファミリー。21:00-23:30まで。
ゲラ最終チェック。修正読み合わせ。

表紙、略歴確認。著者名:辻陽明+新市民伝制作プロジェクト

520

表紙、帯ほかデザイン最終決定。

521

装丁最終入稿、再校ゲラ戻し。出版社に持参。ページの用紙等選ぶ。

526

最終直し送信。校了。

530

HPアップ(AMさん)

611

書籍完成。